読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつやすみ日記

猫のような日々

出来杉くんからのび太くんへ

元アップルジャパン社長の山元賢治さんがこういうことを言っていた。

iPodからiPhoneまで、アップル復活の舞台裏を知る「唯一の日本人経営者」が、アップル退社後に初めて語る「これからの世界」での働き方。日本人がすがる「アジアン英語」も「グロービッシュ」も世界では通用しない。発音こそが人格を表し、対等なコミュニケーションを可能にするのだ。

http://diamond.jp/articles/-/35031

 

書けて読めて喋れることがデファクトスタンダードで、それだけではダメだから発音もキチンとしないといけないということだろうか。少し前に、同じく元アップル社員の松井博さんの「企業が帝国化する」を読んだけど、この人もアメリカの一流大学を出るのは当然みたいな書き方がしてあって(山元賢治さんと違って高圧的な書き方ではなかったですが)求める水準のレベルが普通の人達と違うと感じた。

 

世の中には、一流大学出て、スポーツも万能で、楽器も弾けて、博識で、コミュニケーション能力も抜群というドラえもんの出来杉くんみたいな人達は意外といるわけで、そういう人達はそれこそアップルとかグーグルとか一流企業に在籍していて、これはそういう人達に向けてのメッセージなんでしょう。普通の人達にはあんまり関係がないことではないのかな。

 

悪く言えば世間とズレているということだろう。世間のレベルは彼が言うようなアジアン英語とかグロービッシュ以下というのが現実だ。証拠に、街中に歩いている外国人旅行者は日本人旅行者に道を尋ねたり、何かを質問したりする光景はほとんどみないからだ。おそらく日本人は喋れないということが彼らの中で有名だからなのだろう。外国に旅行に行くと、非英語圏でも外国人が現地の人達と拙い英語を使って色々尋ねたりするのは珍しい光景ではないんだけど、日本ではとても珍しい。あちらのガイド本に日本人に道を尋ねては駄目だとか書いてあるんでしょうか。

 

山元賢治さんはとても優秀な人なんだと思う。勉強も出来るし、仕事も出来るし、たぶん女の人にも苦労してなさそう。でも、自分が生きている世界が正常で外の世界は異常そのものだって考え方が滲み出て来ている。たしかにあなたの周りには優秀な人達だらけかもしれないけど、一歩外に出てみればグロービッシュ以下という現実に気づくこともできていない。

 

元アップル社員の松井博さんの著書でも書いてあったけど、企業が帝国化することで中間層の仕事がどんどん無くなっていて低所得者層が拡大していっている。その上で、何を学んだら帝国に抵抗出来るか書いてある。それは、語学力と創造性と専門技能とかコミュニケーション能力とかプログラミング技能とか・・・なにか既視感があるような・・・判を押したようなことが書いてある。確かにどれも大切な能力かもしれない。でも、以下の一文で全て台無しにしている。これ著者の松井さんも気づいていると思いますが。

 

コロンビア大学の近藤准教授によると、卒業時点で正社員として就職できると10年後にでも88パーセントが正社員として就業しているのに対し、卒業時点で正社員として就業しなかった場合は、10年後に正社員になっている場合はわずか40パーセントに留まるそうです。

低賃金労働者ははい上がれない・・・・・・。この状況は世代を超え、引き継がれつつあります。P231-P232「企業が帝国化する」松井博

 

つまり、多くの人間は変われないというわけだ。いくらこれからの時代に英語は必要だとかコミュニケーション能力が必要だとか専門技能がとかプログラミング技能が必要とか言ってもほとんど意味が無いことなのである。だって、みんな覚えたいけど、挫折する人間が圧倒的に多いのは世間を見ていればわかることじゃない。みんな英語がいつまでたっても出来ないから本屋に行けば新しいノウハウ本が出版されるし、コミュニケーション能力に関する新刊も沢山出ているし・・・プログラミングとか専門技能系も似たような感じだ。そして、挫折を繰り返す駄目な自分を変えたいと思って自己啓発本を買う。それの無限ループ。運良く抜け出せた人間はノウハウを書いて儲かると。僕はこういう地獄絵図の中で生きている。

 

そして、その地獄絵図を勝ち抜いた人間は松井さん言うところの小さな本社機能を持った帝国で働くことになる。彼はWinner Takes All(勝者総取り)というレトリックも使っているが、地獄絵図の中でとても小さなパイの奪い合いとも言えるだろう。

 

そもそも、非正規雇用から正規雇用になれた40%にしても、松井さんが例に出しているような能力を身につけたとは考え難い。なぜなら、もし上記の能力を全て身につけることが出来たのなら、アップルやグーグルなどで働くことが出来る人材だからだ。残念ながら現実はそうではないし、そうなることも期待出来ない。

 

高圧的な物言いかそうでないか、どちらにせよ元アップル社員の両名が出来杉くんであることは同じなんだろう。出来杉くんがのび太やジャイアンに向かって「こうすればテストで100点取れるよ!」と言っていることはなんて虚しいことか。

 

 

反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)

反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)