読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつやすみ日記

猫のような日々

狩猟で限界集落を救いたい。

鳥獣被害の農作物被害額は全国で230億円もある。

鳥獣による平成24年度の農作物被害については、被害金額が230億円で前年度 に比べ3億円増加(対前年1%増)、被害面積が9万7千haで前年度に比べ6千ha減少(対前年6%減)、被害量が70万tで前年度に比べ1万3千t減少(対前年2%減)しています。
主要な獣種別の被害金額については、シカが82億円で前年度に比べ5千万円減少(対前年1%減)、イノシシが62億円で前年度に比べ1千万円減少(対前年0.2%減)、サルが15億円で前年度に比べ7千万円減少(対前年4%減)しています。
一方、木の実の結実状況や気象の変化等が要因で、ヒヨドリが7億円で前年度に比べ3億円増加(対前年96%増)、ネズミが7億円で前年度に比べ4億円増加(対前年142%増)したこと等により、被害金額が増加しています。

 

農林水産省/全国の野生鳥獣による農作物被害状況について(平成24年度)

数年前から各都道府県が鳥獣被害対策に乗り出していたが大手企業も駆除にとうとう乗り出してきた。理由は高額の補助金や野生鳥獣肉の高騰化である。

www.nhk.or.jp

 

ジビエブームのおかげで都内近郊で取れる野生鳥獣の肉は高値で取引されているそうだ。一方で少し地方に行くと害獣駆除の肉は捨てられたりしている。また駆除が成功している地域もあれば悪化している地域もある。上手くいってない地域に引きこもりやニートなどの若年無業者を呼び込めないかと考えている。

 

僕は発達障害を持っている。ひきこもりやニートなどは普通よりも発達障害等を併発している場合が多いと言われている。

 「引きこもり男性の26%は、発達障害の可能性が高い」

4人に1人以上が発達障害!?引きこもる大人たちが働けない本当の理由|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

 一番多くある発達障害としてADHDがある。ADHDは衝動性、多動性を特徴とする行動の障害だ。端的に言ってしまえば落ち着きがないという障害だ。学校の教室で落ち着いて席に座っていられないことが起きてしまったりする。ただし、精神障害精神疾患は社会的に自分が苦痛を感じていなければ障害だと認められることがない。逆に言うと過去や未来の社会では精神障害の定義は異なるということだ。ADHDは起業や狩猟採集に向いている精神障害だと言われている。大昔では教室でじっと静かに座っているよりも動物を追い回しているほうが優秀な遺伝性質だったのだ。だが、現在の社会ではうまくいかずに弾き出されてひきこもりになってしまう人も少なくない。

 

230億円の鳥獣被害を彼らが食い止めることはできないのだろうか?もちろん、大手警備会社のアルソックのような企業に任せたほうが信頼性は高いのかもしれない。しかし、ひきこもっている若年無業者に仕事を与えられるとなれば社会的意義はこちらが勝るだろう。経済的にもひょっとしたら安上がりかもしれない。大手企業に依頼をしたところで資本の中心は東京や海外にある。ひきこもっている若年無業者達は全国各地にいる。地方経済に良い影響を与える存在になる可能性も少なくないはずだ。また困っている地域に出向いた若者が定住する可能性だってある。当たり前だが狩猟だけがビジネスチャンスではない。現地の人間が思いもしなかったアイデアを外部の人間が生み出すことは古今東西あることだ。害獣駆除を切っ掛けに困窮していた若年無業者、困窮していた自治体、それぞれが手を取り合い活性化していく未来を想像することができる。

 

僕は協力していただける自治体を探している。 このブログのエントリーを添付してメールや電話で営業をしてみるつもりだ。狩猟免許(罠)も既に3人取得している。残念ながら僕は今回は取得できなかったけど・・・。あとは行動するだけである。