読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつやすみ日記

猫のような日々

谷口ジロー『冬の動物園』に登場する新宿アカシア

テレビドラマが大ヒットした『孤独のグルメ』というグルメ漫画があります。番組はドラマとドキュメントの二つのパートに分かれています。ドラマパートは俳優さんが脚本に沿って撮影されて、ドキュメントパートは原作者の久住昌之さんがグルメリポートをしていました。久住昌之さんは全国各地で食べ歩きしていることで知られてします。

 

ひとり飲み飯 肴かな (NICHIBUN BUNKO)

ひとり飲み飯 肴かな (NICHIBUN BUNKO)

 

 

一方で作画担当の谷口ジローさんのコミックではあまり美味しそうに食べ物を頬張っている印象はありません。凍傷を防ぐために激辛スープを飲んだり、極限状況でビスケットや漬物を齧ったりしている印象があります。食事もハードボイルド。そういう描写が多いです。

 

f:id:jassmaz:20160523022429j:plain

事件屋稼業3巻p44

  

 

しかし、『冬の動物園』という作品で新宿のアカシアという洋食店でロールキャベツを食べています。冬の動物園は谷口ジロー先生の若い頃をモチーフにした作品です。売れない新人漫画家の青春時代。 

冬の動物園 (ビッグコミックススペシャル)

冬の動物園 (ビッグコミックススペシャル)

 

 1968年の夏。かわいい女の子とデートです。『2001年の宇宙の旅』を見に行った後に新宿アカシアに行きます。

f:id:jassmaz:20160521041918j:plain

f:id:jassmaz:20160521041939j:plain

長かった。よくわからなかった。ちょっと疲れちゃった。じゃあ、帰ろうか。と完全に狙いを外した感。キューブリック映画なんてデートで見るなよ!!!という突っ込みが読者の脳裏に浮かびます。完全に機嫌が悪くなっている女の子。終わった。そんな雰囲気の中、新宿アカシアに向かいます。

f:id:jassmaz:20160521041952j:plain

名物のロールキャベツが美味しくて少しは機嫌を治してくれたようです。

 

ちなみに新宿アカシアは1963年に創業したそうです。『冬の動物園』の舞台は1968年ですから、創業してから5年後になります。僕が訪れたのは2016年。創業してから53年後。僕が生まれる前からロールキャベツが名物。

 

「でも、これ全部食べきれないわ。」のセリフのようにかなり量が多いです。僕はハンバーグとロールキャベツのセットを頼みました。写真でもボリュームが多いのがわかるでしょうか?

f:id:jassmaz:20160513214322j:plain

ちなみにロールキャベツは一貫単位で頼むことができます。というかロールキャベツは貫という単位で数えるの知らなかったです・・・。メニューには一貫、二貫と表記してあります。もちろんロールキャベツはとても美味しかったです。

口コミ一覧 : アカシア 新宿本店 (ACACIA) - 新宿/洋食 [食べログ]

特上の洋食屋23軒―昭和の香りが美味の素 (ポケットサライ)

特上の洋食屋23軒―昭和の香りが美味の素 (ポケットサライ)