読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつやすみ日記

猫のような日々

運命とクラスタ

バンドマンはバンドマン同士で仲良くなるし、イラストレーターはイラストレーター同士の付き合いがあったりするし、アナログゲーマーはゲームを一緒に遊ぶ友達を作らなくてはならない。

 

似た者同士で交流をすることをインターネット・スラングクラスタと言われている。人間は時間的な生物であり消費できるリソースには限度がある。つまり、友達になれる人数は限られているということである。それはダンパー数と呼ばれているものだが、良好な人間関係を築ける上限はだいたい100人から230人程度であると言われている。*1

 

最近、僕は本人の社会階層(経済状況)精神性、出自、健康状態などの個人の趣味嗜好以外の属性も人間関係が決定しているのではないかと考え始めている。例えば、売れなくてつまらないお笑い芸人同士でつるむが、決してそこには売れていて面白い芸人はいないということだ。前者は自分たち自身が本当はおもしろく、売れることを信じているが、事実と異なる。当然のことだが、前者は市場の「面白ければ売れる」というルールを守っていないが、後者は市場のルールを守っているため市場で評価される。そして、恐ろしいことだが、売れなくてつまらない芸人達は当然のことながら売れたいと願っているが売れることはない。それはあらかじめ決められてしまった運命のように。

 

米国大統領選挙では様々なフェイクニュースが発信され信じる人々が出てきた。信じる人々にとっては真実であり、自分自身の運命を託してついて行くのだ。そして、隣人は同じくフェイクニュースを信じている。冷静に事実を伝える人間は隣人ではないのだ。

 

かつて事実は一つだったが、2017年、僕たちの世界は複数の事実によって動いている。フェイクニュースを信じる人たち、売れたいと願っているのに売れないお笑い芸人、そして気づかないふりをしている自分自身の数々の思い込みやトラウマ・・・運命を変えたいと願うならば自分自身のトラウマを見つめ、事実と向き合うことなのかもしれない。それは現在保持している人間関係を断ち切る可能性があることで(フェイクニュースがフェイクと気付いたときに信じる人々のことを軽蔑せずにいられるだろうか?)孤独の恐怖に打ち勝つ事と同義なのだろう。 

 

友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学

友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学

 

 

*1:もちろん例外はあって、自分の知り合いのMさんはとあるライブハウスを運営していたが、日本インディロック界隈で一番顔が広い人で知られている。そして仲の良い友人が少なくとも1000人以上いる気がする。ただ、知人友人に東京の音楽関係者が多いことは察せられるし、本人の属性やキャラクタが無尽蔵に広げられているわけではない。

クラウドワークスで翻訳を外注した話

クラウドワーカーは優秀かつよく働いてくれるという噂を試してみた。インターネット上には使える or 使えない両論あるけど、お金に関することは自分で試してみないと真実が把握できないというのが僕の持論だ。

というわけで某SOHOサービスで1記事1000円の激安で技術関係の英語翻訳を依頼してみた。本当に募集が来るかな?と思ったら10件程度来て驚く。しかも、彼らのアピールがTOEICの点数が高得点だとか、英検一級を持っているとか、翻訳学校卒業したものだとか・・・優秀であることを伝えるものが多かった。「お!これは期待出来るかも・・・」と思ったが、自称TOEIC900点の女性に外注を頼んだら誤訳だらけで唖然。基本的な英文法のミスもかなりあったし、そもそも日本語表現の時点でかなり問題があった。てにをはが支離滅裂だったのだ。翻訳以前の問題だよ!!!!  

問題点その1

本当に能力があるか判別がつかない。TOEIC900点持っていますと言われても、あくまで自称かつ、仮に本当でも、TOEICのスコアはTOEICのスコアであって翻訳能力の是非を問うものではない。また、過去の受注成績から判別することもできるかもしれないが、仕事の詳細は依頼者が見るのは不可能だ。

問題点その2

仮払い以降キャンセルが事実上不可。仮払い後にskypeやLineなどで打ち合わせできるようになるが、こちらが相手に翻訳能力無しと判断してもこちらが一方的に契約を破棄することはできない。相手が契約を破棄したいという旨を理解してくれないと契約料がそのまま徴収されるシステムになっている。幸い僕の時は受注者と相談して、破棄してもらったがブラックな対応をされることも十分に有り得るためとても怖い。

問題点その3

システム料金が20%と高額。10000円の仕事を頼むと合計12000円を支払わないとシステムを利用することができない。もちろん仕事を仲介してくれたことはありがたい話であるが、ダメ人材を掴まされて高額のシステム料を支払うとき僕の頭は沸騰寸前の激オコプンプン丸状態になる。

結論

言うまでもないが、世の中の仕事の大半は信頼関係で成り立っていて、信頼が不確かなものはリスキーだってことだ。国外のクラウドソーシング事情はわからないけど、日本国内に関しては二者間でクラウドソーシングで信頼を確認するのは難しい。単純に日本語が契約関係を結ぶのに適してないという気がしなくもないけど。人材派遣業者が日本だけ異常に発達するのも言語や文化的問題が背景にあると思う。結局、クラウドソーシングで依頼できる仕事はキュレーション・サービスの運営者がテンプレタスクでできるようなライティング・・・つまり、クオリティを問わないコンテンツの制作にしか向かない気がする。クオリティを問う場合は信頼のあるところに依頼するしかない・・・。まあ、これも当たり前過ぎる話ではある。

 

 

Arduinoワークショップにニッチな需要があった

Maker is You!というWebサイトを運営している。事業の一つにArduinoワークショップがある。しかし、当初一緒に組んで事業をしている人から需要が存在するか疑問視されていた。

Arduinoは電子工作に用いられる道具の一つだ。簡易なプログミングでプロトタイピングが自由にできることで世界中に広まり、電子工作のデファクトスタンダードになりつつある超画期的な道具だ。といっても日本国内のハードウェア・コミュニティはむちゃくちゃ狭いし、年齢層も高めだ。この環境に飛び込む人はあんまりいないよね・・・?というのが僕たちの見解だったが、いざワークショップを告知してみるとニッチなニーズがあることがわかった。

インタラクティブ・アート志望の美大生だった。インタラクティブ・アートはコンピュータやセンサを利用したアート作品のことだ。

インタラクティブアート(英: Interactive art)は、観客を何らかの方法で参加させる芸術の一形態である。ある種の彫刻では、作品の中や上や周りを歩くことでこれを実現する。コンピュータやセンサーが観客の動きや熱などの入力に反応するようにした作品もある。インターネットアートの多くは、インタラクティブアートでもある。場合によってはハイパーテキスト環境によって訪問者を誘導したりする。外界からテキストや画像などの入力を受け付ける作品もある。観客がパフォーマンスアートの流れに影響を与える場合もあるし、参加する場合もある。
インタラクティブアートは、作品とそれを見る人の対話によって形成される。観客(参加者)は作品とのエージェンシー(作用できる能力)を持ち、作品のコンテキストに参加することを求められている。すなわち、インタラクティブアートの作品はインタラクション(相互作用)をもたらす。一方、ジェネレーティブアートはモノローグと見ることができ、作品は観客の前で変化していくが、観客がその過程に参加することは求められず、単に見るだけである。

インタラクティブアート - Wikipedia

 

www.youtube.com

もちろん美大で専門の講義もあるみたいだけど、非常勤の先生が周に一回程度行うだけだったりして、積極的に講義をしているわけではないそうだ。となると、理解が進まなかったケースも出るわけで、そういう人たちの補講目的としてワークショップが利用された。そして、彼らの卒業制作を何件も手伝うことになってしまった。

 

ちなみに実験道具を自作したい某国立大学のポスドクが学びに来たこともあった。実験道具を購入すると数千万円かかるけど、自作すれば数十万円という世界だからだ。

 

この界隈で一番有名な人物のDMM.Make.Akibaの小笠原治さん曰く「世の中の電気製品のモジュール化された部品の集合体に過ぎないから、ある程度勉強すれば誰でも家電は作れる」と言っています。流石になんでも作れるは少々言い過ぎかもしれませんが、大体のパーツは秋葉原と中国からの輸入で手に入ってしまう。21世紀はそういう時代ということです。ミサイルの中身もその辺で売っている35ドルのコンピュータだったりします。

www.maker-is-you.xyz

 

近所の黒柴犬がかわいい。

やさしい顔してる。

f:id:jassmaz:20160908003135j:image

 将来は犬を飼いたい気持ちが強まる。

2017年 柴犬まる週めくり卓上カレンダー

2017年 柴犬まる週めくり卓上カレンダー

 

 

 

ピクトグラムと想像力

人間は見るからに危険な物には近寄らない性質を持つ。

ピクトグラムは危険であることを示すが故に安全のように思えてしまうことがある。そんなことは僕には起こりっこないし、アクションゲームの中だけの世界・・と。僕は飛び跳ねて池に落ちたり、天井にぶつかったり、服に火が燃え移ることなんてありえないと。だってそれは危険なことでしょ・・・?と。

ただし、以下のツイートはピクトグラムを製作している会社のツイートだ。ピクトグラムは実際の死亡事例に基づく再現であるらしい。

これは実際に起きることである・・・という説明が背筋を冷たくしてくれる。しかし、世の中には闇金ウシジマくんに登場するようなブラックな工場が存在する。死亡事故が1ヶ月に一度は起きている工場が存在するのだ。僕の背筋は完全に凍り付いた。マイナス50度だ。

5日午後4時半ごろ、奈良市南庄町にあるリサイクル会社「I・T・O」の工場で作業員の男性(45)の行方が分からなくなった。奈良県警によると、男性は破砕機につながるベルトコンベヤーの近くで作業をしていた。その後、破砕された木片に混じって、男性がかぶっていたとみられるヘルメットの破片や体の一部とみられるものが見つかったという。県警は、男性が破砕機に巻き込まれた可能性があるとみている。

 県警によると、同社をめぐっては、先月2日にも同県大淀町にある別の工場で派遣社員の男性(67)がベルトコンベヤーに巻き込まれて死亡。先月20日には、今回の工場の敷地内で重機と駐車中のトラックに男性作業員(56)が挟まれて死亡したという。

www.asahi.com

 2ヶ月で2件の死亡事故が発生している工場だ。労働災害の経験則の一つであるハインリッヒの法則に当てはめれば、軽微な事故が1ヶ月に29件起きているような工場ということだ。誰だってそんなところでは働きたくない。しかし、現実に労働者は存在する。つまり、多重債務者が借金の返済のためにタコ部屋から派遣されて強制労働させられるような劣悪な環境・・・闇金ウシジマくんのような世界が繰り広げれている可能性が高いということだ。そして、誰かが事故に巻き込まれて足の一本や二本吹き飛ぼうが日常茶飯事の世界。労働者はこんな死に方を望んでいたのだろうか?

僕は畳の上で死にたいです。日々をがんばろう。

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん

 

 

 

 

 

ビデオで日記を綴る人たちのことをVloggerというらしい。

Youtuberを調べていたらVloggerという概念を知った。インターネット上に日記を綴る人達はブロガー(Blogger)と呼ばれる。頭文字のBをVに置き換えるとブログのようにビデオを投稿し続ける人という意味になるそうだ。

Video blog - Wikipedia, the free encyclopedia

 

起源はSteve Garfieldさんが2000年頃から初めて本格的にビデオブログをはじめたのは2004頃らしいです。もともとは家族や友人に旅行先の無事を伝えるために始めたそうです。そういえば、Youtubeの黎明期の頃に話題になった世界中で出会った人たちと踊りまくる映像も旅行のビデオログと言えばビデオログだ。

www.youtube.com

Youtubeのサービスが開始されるまでもチラホラとビデオログをする人たちはいたみたいだけど、多くはなかった。でも、今は誰もが知るようにビデオロガー達で溢れて自分たちの手に収まらないほどに存在している。

Wikipediaの説明によるとYoutuber達の経済効果は7兆円にも及び、ハリウッドも既存のコンテンツの価値が下がらないか警戒している。それはあの天下のディズニーですら彼らの動向を気にしている側の一人だ。

 

むちゃくちゃなものづくりやチャレンジで有名なcolinfurzeさんのチャンネルはディスカバリーチャンネル並みの熱意とユーモアとお金がかけられているし、天下のディズニーやマーベルが警戒する理由もうなずける。

www.youtube.com

日本では公開もされないだろうし、翻訳もされないだろうけど、Youtuber達の生活を追いかけたドキュメンタリー映画『Vlogumentary』という作品が近々公開されるらしい。

www.youtube.com

 

日本のYoutuberはつまらないギャグやマルチまがいものが多くてうんざりするけど、世界を眺めてみると変な作品がたくさんあって楽しいですね。インターネットラブ。

YouTuberマガジン vol.2 (講談社 MOOK)

YouTuberマガジン vol.2 (講談社 MOOK)

 

 ↑というかこんな雑誌が出ているのかよ・・・。日本のYoutuber達のグラビア写真があるらしい(絶句)一体誰得なんだ・・・。

タイニーミックステープの2016夏のまとめ。

最高!

www.tinymixtapes.com